2018年08月06日

トレポン考察

どもどもぱすたくんです★

今回のブログは好き嫌いの分かれるトレポンについて、考察していきたいと思います



まず、トレポンってなに?
という人は調べてきてから読むといいと思います
難しく書くつもりはありませんが、両方の知識を入れた上でお読みください

まず、トレポンをマルイ準拠の電動ガンと比べて良い点、使う上でのメリットを上げていきます
①圧倒的剛性
めっちゃ硬いです
これにより弾道は安定します
②メンテの簡略さ
チョー簡単にテイクダウンとメンテができます
③各種のリアリティー
各部が細く握りやすいです
④実物パーツとの互換性
これはマニアにはたまりませんね

逆にデメリットは
①価格
目が飛び出ますw
②内部パーツの選択肢
逆にスタンダードが多いんですけどね
特にモーターは種類無さ過ぎ

などですね

ここでトレポンについての誤解やデマを…

トレポンは発射してから着弾が早い
真っ赤な嘘です
ちゃんと検証できる設備を使ってから検証してください
早く感じるのは、使っている弾がトレポンの場合は小ぶりでツルツルした弾が相性がよいのでそう感じるだけです
小ぶりだと空気抵抗減りますから当然ですw

トレポンは痛い
初速が高く、基本が重量弾設定なので当然ですね
同じ設定をスタンダードですれば同じになります
あとは音ですかね
こちらも前回あげた共感覚性によるものです

あと、意外と知られていないのは、通電してからの初弾がでる速さが早くないということ
セッテイング次第ですが、割と遅めです

以上のように、残念ながらデマにあふれています
この辺を信じてトレポンを買うのは勿体無いです
他にもトレポンには良いところがありますからね

最後に、トレポンが大きくマルイ準拠と違うのは
トレポン全てが、セミオーダー品

つまり

トレポンは全てカスタムガンなんです

マルイ準拠系のように工場生産ではなく、キットから組み立てるので…
そうなると、性能に差が出てくるのは当然ですね

私がトレポンでとても評価できるのは、その圧倒的な剛性です
これにより弾道が安定します
さらに、セミオートの追従性が高く、単発で綺麗に当てるなら素晴らしい性能です
あとは、実物志向の人にはガスブロかトレポンって感じのリアルさですよね

逆にスタンダードと比べるてトータルバランスで考えると
弾の相性が出たり、大容量の多段マガジンが無かったり、モーター的にサイクルが出せ無かったりと、バラマキたい人には向かないかもしれません
他にもスタンダードの方が優秀なチャンバー形状ですが、これはMチャンバーが解決しましたね
マガジンの下からのホップ調整は面倒過ぎる…
あとはあの価格…

という感じで
マルイ準拠の上位互換では決してなく、別物と捉えるべきですね

わたしもトレポンは何年か前に手放して、人のでデータ取ってましたので超細かくは分析していませんが…

ちなみに私個人の電動は一挺だけしか持っていません
あとは全部人のですw

私はフルレトロM4一本勝負ですw






タグ :トレポン


Posted by ぱすた君 at 08:03│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。