2018年08月10日

ハイサイとロングレンジの両立は可能!?

どうもーぱすたくんです☆

今回はハイサイクルで、尚且つしっかり飛ぶ銃は作れるのか…ということについて考えていこうとおもいます

結論から言えば、可能です
サイクルと飛距離については直接的な関係はありません

飛距離ってホップのかかりと初速に依存するものですから当然です

ただ、なぜハイサイクル系、特にDSGは飛ばないと言われるのか
それは、ハイサイクルになると、銃の一つ一つの動作が高速化するため、セッティングがシビアになるからです
パッキンの戻りの早さも関係してきます

つまり、ハイサイクルでちゃんと飛ばすのは難しいってだけなんです!!

やれば、できます

では、実際どうやるのか
理屈は簡単です
ハイサイクルにして、かつ、初速を安定させて、綺麗にホップをかける
さらに、見落としがちなのは銃の振動です

こんな銃を作った事があります


銃の総重量は1キロ程度で、初速は90、さらにサイクルは秒間35発!!
まさに理想の人狩機でしたが…
振動で弾道がブレまくり使い辛かったのです…
振動抑制についてを見落としていました…

改良型はこちら

どっかの怪しい地底人と共同開発ですw

やたらめったら軽くても良くないみたいですね

結論になりますが
ハイサイクルと飛距離は両立できます

そもそもあんまりサイクルと飛距離って関係ないんですよね〜
  
タグ :カスタム


Posted by ぱすた君 at 09:14Comments(3)